フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。

最終更新日: 公開日:2015-08-30 | Posted in コラム by

全くルノーという会社は、組織がデカいのに小技が巧い。つい先日はキャプチャー・カンヌという特別仕様車を出したと思ったら、今度はフランスの郵便車。その名も「ラ・ポスト」・・・って、そのまんま(笑)。

フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。「ラ・ポスト」の発表会場は本郷郵便局。もちろんここは「日本郵便」の支店。赤と黄色のコントラストが鮮やか。

日本で一番売れているルノー車である「カングー」は、フランス本国では様々な用途に使われているマルチパーパスカーだ。もちろん日本でも様々な用途に使われているが、今回はフランス郵便で使われているクルマをイメージした「ラ・ポスト」という特別仕様車を出してきた。したがって、ボディカラーはほぼ全面フランス郵便の「黄色」。しかも発表会場は、東京の東大赤門前の本郷郵便局という凝りよう。赤っぽい日本郵便の表玄関に、黄色いフランス郵便カラーのカングーと、黄色い郵便ポストがなかなか面白い取り合わせだ。

フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。表玄関に設えられた「ラ・ポスト」。この一角だけはちょっとフランスな感じに。

ちなみに、フランス郵便 ラ・ポストは、フランス国内とその海外県、海外準県で郵便業務を行っている。従業員は27万人。フランスでは第2の企業規模を誇っており、郵便業務のみならず、銀行業務や携帯通信事業、そして日常ケアサービスなどを行っている大企業である。そんなフランス郵便に選ばれているのが、カングー「ラ・ポスト」なのである。

フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。ちなみにカングーの下には切手を模したマットが敷かれている。手前の”241.5″は車両本体価格を示している。

この「遊び心のあるデザイン」と「秀でた機能のあるプロ仕様の道具」としてフランス郵便に選ばれているカングー「ラ・ポスト」をイメージして、スペシャルカラーの「ジョン・ラ・ポスト」というイエローの塗色。フランスの郵便車同様のシルバー&ブラックバンパー、シルバードアミラーなどを装備。インテリアもフロントシートバックのテーブルや、可倒式の助手席などを設えたのが、今回の特別仕様車である。

フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。「ラ・ポスト」とポスト。黄色は幸せを運ぶ色とされている。

上記の装備に加え、購入者はフランス郵便のステッカーが付いてくるというオマケも込みで、メーカー希望小売価格は2,415,000円。これは「カングー・ゼン」と全く同じ価格。AT90台、6MT60台の合わせて150台の限定販売で、2015年8月26日(水)に発表/発売されている。

フランスの郵便車、ルノー カングー「ラ・ポスト」は、とても黄色い。発表会の最後に現れたフランス郵便の配達人。日本郵便の切手を配ってくれて「メルシー」な感じ。

もともと、日本では遊びグルマ的な要素が強いルノー・カングーではあるが、フランスでは真当な実用車として多く使われている。今回の「ラ・ポスト」は、そんな実用面を重点に置きつつ「遊びグルマ」としてもイイですよ、的なアプローチがとても面白い。郵便局での発表といい、最近のルノー・ジャポンの「トバし」方は、全くブレがない。なにしろ発表会の最後にフランス郵便の制服をきた「お兄さん」が黄色い自転車に乗ってふらふらッと現れて、参加者に「ラ・ポスト」特製の切手を配ってくれた。もちろんこれは「日本郵便」の正しい切手で、普通に使う事ができるというのも、中々洒落ているではないか。

カングー ラ・ポスト 公式サイト
http://www.laposte.jp/

[ライター/カメラ まつばらあつし]

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:まつばらあつし

映画カメラマン・ライター/コピーライター・アニメーター・ガッコの先生など、いろいろ仕事をしてたら自...