当時のジャガーが威信をかけて世に送り出した「ジャガーXJ220」

最終更新日: 公開日:2015-04-07 | Posted in コラム by

220マイルという、現代においても限られたモデルでしか到達することのできない速度領域。いまから20年以上も前に、本気でこの速度域に到達することを試みたモデル、それがジャガーXJ220。当時のジャガーが威信をかけて世に送り出したモデルなのです。

■車名の「220」は、最高速度220マイルを意味する■
1988年イギリス・バーミンガムショーにてデビューを果たしたジャガーXJ220(以下、XJ220)。当時のレーシングカーそのものといえるフォルム、コノリー社製レザーに覆われた豪華な内装。車名の「220」は、最高速度220マイル(354.05キロ)を意味しており、まさに当時のジャガーが威信をかけて世に送り出したモデルといえます。

■世界最速モデルの称号を手にしたXJ220■
イギリスの自動車専門誌「Car」が、イタリア・ナルドサーキットで開催した世界最速モデルを決めるテストにおいて、XJ220は212.3マイル(約349.2キロ)を記録し、当時の世界最速モデルの称号を手にします。3リッターV6ツインターボエンジンの最高出力は542馬力。0-100キロ加速は3.9秒。XJ220は、現代のスーパーカーと比較しても遜色ないレベルの性能を誇っていたのです。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...