ジャガーEタイプ用V12エンジンを心臓部に持つ、デイムラー・ダブルシックス

公開日:Posted in コラム by

デイムラー・ダブルシックスが最終モデルとなってから早22年が経ちました。このデイムラー・ダブルシックスが誕生したのは1972年。つまり、生産されていた期間よりも長い時間が過ぎ去ってしまったことになります。

2015-04-07 20.49.36

2015-04-07 20.49.02

デイムラー・ダブルシックスは、1989年にアメリカ・フォード社が買収したことによってその歴史に幕を降ろしたといっても過言ではないように思います。手作りの箇所が多いデイムラー・ダブルシックスは、工芸品的な佇まいを持ちながら、同時に生産性の低さもフォード社によって指摘されたのです。

ジャガーEタイプ用V12エンジンを心臓部に持つ、デイムラー・ダブルシックス

2015-04-29 14.51.02

この1990年代前半は自動車にとって過渡期だったのでしょうか。ポルシェやメルセデス・ベンツもこれまでの生産体制を脱却し、効率を重視しています。これは後に、熱狂的な空冷ポルシェ信者やオールドメルセデスファンを生み出す要因のひとつにも挙げられます。

一見すると大柄なボディに映るデイムラー・ダブルシックスですが、5メートル近い全長はともかく、1800mmを切る全幅に驚かされます。現行VWゴルフの方が数値上は幅広い(1800mm)のです。意外なほどコンパクトです。

デイムラー・ダブルシックス 全長×全幅×全高:4960x1770x1375(mm)
2015-04-29 14.43.20

一方、現行のジャガーXJのボディサイズはというと…

ジャガーXJ ポートフォリオ 全長×全幅×全高:5135×1900×1455(mm)
Jaguar-XJ-2016-1600-1a
https://www.netcarshow.com/

やはり大型化していることが分かります。ボディサイズは大型化しつつも、車重は軽量化しています。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...