パンダがスゴイのはフツウのクルマであること

最終更新日: 公開日:2015-07-15 | Posted in コラム by

1980年に初代が登場したフィアット・パンダは、ジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたシンプル極まりない、欧州では最小クラス、Aセグメントの実用車だ。ガラスを含めて直線と平面で構成されたデザインは、まるで1/1のペーパクラフトのよう。内装も超シンプルで、1箇のメーターに棚ひとつ。パイプフレームに布を貼っただけのようなハンモックシートにワイパーも一本でいいやと言う感じで、デザインを含めていかにも低コスト。とはいえ、さすがジウジアーロ先生。シンプルゆえに室内のスペースは広々しており、「素のクルマ」として4人のオトナが過不足なく乗れて移動できる80年代の2CVと呼ばれるゆえんでもある。

確かにパンダは安物だったが、決して貧乏臭くみえないのがデザインのチカラ。日本でもJAXが輸入しはじめた当時は、最も安く買える「外車」として、それなりの人気を集めた記憶がある。というか、実は自分買っちゃったんですが(笑)、パンダ。ショウルームにパンダを見に行ったら、パイプに布貼っただけのシートやスカスカのエンジンルーム、内装には細かなスキマがあり、走らせるとガシャガシャにぎやかな室内。当時乗ってたトヨタとはえらい違いに衝撃を受けて即決。イタリアの安物としばらくともに過ごしたものである。

発売当時は1000ccにも満たないちいさなエンジンだったが、83年にシュタイア・プフとの共同制作による四輪駆動モデル4×4を追加。86年には近代化されたFIREエンジンを搭載。三角窓を廃止したり、ちょっとだけ内装を豪華にするなどのマイナーチェンジを受けたが、パンダらしい「素のクルマ」という本質はまったく変わらず、基本的にこのまま1999年まで、足掛け19年も生産され続けていた。90年代には富士重工製のECVT(これはスバル・ジャスティと同じ変速機だったらしい)を積んだ「セレクタ」なども追加されつつ、その後も2000年代初頭まで、ポーランドの工場では細々と生産されていたらしく、ポーランド生まれの初代パンダが、少数が日本にも入ってきていたようだ。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:まつばらあつし

映画カメラマン・ライター/コピーライター・アニメーター・ガッコの先生など、いろいろ仕事をしてたら自...