1960年代スポーツカーのスーパースター『フェラーリ・デイトナ』

最終更新日: 公開日:2015-01-28 | Posted in コラム by

「ピニンファリーナのデザインが光る、流麗なボディーラインのスポーツカー!」

1968年のパリ・モーターショーでデビューしたフェラ-リ・デイトナは、275 GTB/4の後継車として、1968年から1973年まで製造された超高性能なフロント・エンジン・スポーツカーです。「デイトナ」という名称の由来は、1967年のデイトナ24時間レースでフェラーリ330P4と412Pが圧倒的な強さを誇り1位から3位まで獲得したことを記念して付けられたという説があります。正式な名称は、フェラーリ365GTB/4となります。GTはグランツーリスモ、Bはベルリネッタ(クーペ)、4は4カムシャフト(DOHC)を意味しています。

■ パワフル・モンスターエンジンを搭載した365GTB/4の真実■
フェラーリ・デイトナは1968年にデビューし、365GT4BBが登場するまで「最後のフロントエンジン・フェラーリ・ベルリネッタ」と呼ばれていました。365の数字は1気筒当たりの排気量を示しており、365GTB/4の名が示すとおり、デイトナのエンジンは4.4リッターの4カムシャフトV12気筒、352馬力。トップスピードは、時速280キロに達するとされた当時の最高速スポーツカーの1台でした。

フェラーリ・365GTB/4 デイトナは、ロングノーズ・ショートデッキといわれる駆動方式FRスポーツカーの理想的デザインでした。ボディーのデザインを担当したのはピニンファリーナで、ボディー本体はスチールで、ドア、ボンネット、トランクリッドがアルミ製というのが一般的でしたが、生産の後半に入るとドアがスチール製に変わっていきました。デザインの特筆すべきポイントは、プレキシガラスで覆われたヘッドライト。1971年、このライトシステムは同じ4灯式ながらリトラクタブルヘッドライトに変わっています。これは365GTB/4が、セールス・マーケットを米国視野で造っていたため、当時アメリカの法規が変わり、カバーの奥のヘッドライトが許可されず、デザイン変更を余儀なくされたからでした。何よりフロントからリアまでの流れるようなボディーの美しさは素晴らしく、この車を上回るデザイン性に優れたFRスポーツカーは、今でも誕生していないと言われているほどです。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...