ジウジアーロが手掛けた457台のイタリアとドイツの混血児、BMW M1

公開日:Posted in コラム

BMW M1が誕生したのは1978年。E26というコードネームを与えられ、BMWが世に放つスーパーカー(といってよいのではないかと思う)は、どのようにして創られていったのでしょうか?

ジウジアーロがスタイリングを手掛けたBMW M1

ジウジアーロが手掛けた457台のイタリアとドイツの混血児、BMW M1
出典:http://www.favcars.com/

BMWといえば、スポーティなイメージは強いけれど、スーパーカーのイメージとはいい切れない点はいまも変わらないように思います。BMW i8もスタイリングこそスーパーカー然としていますが、ある種の凶暴さや狂気めいたような、毒気が感じられないようにも見えます。どちらかというと、スマートさや都会的な雰囲気漂うイメージです。

BMW M1 全長×全幅×全高:4360x1825x1140mm
BMW M1
出典:http://www.favcars.com/

BMWは、当初からランボルギーニとの共同プロジェクトでM1の開発を模索していました。しかし1970年代前半という時代は、折しもオイルショックとランボルギーニ社の経営不振が重なり、BMWとしても独自にM1を開発せざるを得ない状況。当時のランボルギーニ社は、あのカウンタックシリーズを世に送り出し、ウラコを発表していた時代。華やかな裏側で、苦しい現実と向き合っていた一面があったのです。

結果としてBMW M1のデザインを手掛けたのは、イタリアのカロッツェリアであるイタルデザイン社。そしてジョルジェット・ジウジアーロでした。M1のデザインおよび設計、フレームの組み立て、ボディパネルの製作および組み付けにいたるまでが、イタルデザイン社の範疇となったのです。

ドイツとイタリアの混血児、BMW M1

BMW M1
出典:http://www.favcars.com/

デザインを含めた外装はイタルデザイン社、つまりイタリアで仕立てることになり(ホイールもカンパニョーロ製)、内装の組み付けていました。

BMW M1
出典:http://www.favcars.com/

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...