相場がピークアウトしたポルシェ964購入計画。その支払いはどうなる?

公開日:Posted in カーゼニ by

タイプ964を中心とする空冷ポルシェ911の相場がウルトラ高騰していることについては、賢明なるカレントライフ読者諸兄はとうにご存じかと思う。またその狂乱相場がこのところピークアウトし、落ち着きを見せ始めたことも、おそらくはご存じだろう。

筆者もそのようにとらえていたわけだが、その筋の専門店に取材すると、事実はほんの少しだけ異なっている模様だ。

下がったのは「ドサクサにまぎれて高騰した個体」

タイプ964の相場がピークアウトしたのは事実だが、それは「すべての個体が値落ちした」ということを必ずしも意味してない。例えば走行2万km台でオリジナルコンディションな964などは相変わらず天文学的な(?)プライスが付いており、それなりに上質なオリジナル964にも、それなりに高額なプライスボードが掲げられている。

下がったのは「ドサクサにまぎれて高値を付けていた個体」だ。

過走行なだけでなく、状態もイマイチなティプトロ車。妙な改造が施されている個体。シビアな修復歴がある物件……等々もブーム期はドサクサで高値になっていたわけだが、それらが今、そのモノに応じたプライスに下がったのである。まぁ、それでも数年前と比べればベラボーに高いわけですが。

しかしいずれにせよ「時は来たれり。買うなら今しかないぜ!」と考える不肖筆者だ。

本当ならもうひと声、いやもうふた声下がった段階で買いたいわけだが、おそらくタイプ964の相場はもう下がらない。や、オンボロ改造964とかは今後いくらでも安くなるのかもしれないが、ノーマルコンディションの良質な個体については、上がりこそすれ、下がるはずがないのだ。

なぜならば、それが「人気のクラシックカー」であるからだ。

中年になると、ずいぶん前の出来事も「つい最近のこと」と思ってしまいがちだが、冷静に考えればポルシェ911タイプ964が新車として販売されていたのは20年以上前のこと。たかが20年レベルのクルマを「クラシックカー」と呼ぶのはいろいろ語弊もあるが、少なくとも「クラシックなカー」であることは2000%間違いない。で、それは世界中で非常に人気が高く(良質なノーマル車の場合のみ)、現存数がさほど多いわけでもない(特に良質ノーマル車は)。

……下がる道理がないではないか。上がる可能性はあっても。

走行3.3万kmのカレラ2が647.9万円。その支払いはどうなる?

ということで筆者はこのたび、綿密なる「タイプ964購入計画」を立案せしめた。対象車両は、まぁフルノーマルに近くて状態が良ければなんでもいいのだが、ガレージカレントにて販売中の92年式カレラ2など、なかなか狙い目の存在であろう。

欲を言えばティプトロニックではなく5MTであってほしかったが、5MTはハッキリ言って高い。これと類似条件だと、たぶんだが200万円増しの850万円ぐらいになるのではないか。……そんなゼニはどこにもないので、個人的には「ティプトロで善し!」としたい。実際、筆者は7年前にティプトロのカレラ2に乗っていたが、「ある意味ぜんぜん十分じゃん!」と心底思ったものだ。それに壊れませんしね、あのオートマ。

で、この走行3.3万kmの92年式カレラ2は車両価格647.9万円。モロモロの諸費用を合わせた支払総額は680万円ほどだろうか? 面倒くさいのでガレージカレントにはいっさい確認してないが、おおむねの数字としてはそんなもんだろう(※大幅に違ってたらごめんさなさい)。

これをどう支払っていくか?

当然ながら筆者には680万円のキャッシュを即座に差し出せるほどの甲斐性はないため「ローン」となる。調べてみると、ガレージカレントが提携しているオートローンの実質年率は4.9%で、支払回数は最長120回とのこと。……ここは迷わず男の120回払いを選択だ。なぜならば、そうしないと筆者の場合は買えないからである。

公文式で鍛えた暗算により計算してみると、仮定の総額680万円を頭金なしのフルローン120回払い(金利4.9%)にすると、月々の支払額は7万1793円也。

……これはダメだ。払えないこともないが、何か起きた際に破産する可能性がある。

走行距離をむやみに延ばさないためのリスクヘッジも

プランを練り直す。まずは今乗ってるNAロードスターを売却したとして、50万円。や、本当に50万円で売れるかどうか知りませんが、そういうことにさせてください。で、それに加えてブタさん貯金箱から150万円を拠出し、計200万円也の頭金を捻出する。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...