ヒトの金でクルマ道楽するなんざ邪道!あぶく銭で破滅しないための考え方

公開日:Posted in カーゼニ by

きょう、ママンが死んだ……というのは前々回の当欄にてお伝え済みで、ママンの(微々たる)遺産でクルマでも買おうかと思ったのだがやめにして、代わりにスーパーマーケットで紀州南高梅を買った……というのは前回の当欄でお伝えした。しかし事態はその後急展開し、わたくしはクルマはおろか紀州南高梅すら買えない身の上と化した。

なぜならば、わたくしにはママンの(微々たる)遺産を継承する法律上の権利がいっさい無いことが、専門家の説明により判明したからである。……ワオ!

少々の遺産が入ると思っていたが、それは勘違いだった

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

話はこういうことである。

ここでは「ママン」と呼んでいるが、ママン・ミツコはわたくしの実の母ではない。実の母であるママン・キミエがわたくしの幼少期に亡くなったのち、ペール・ユキヒロが再婚した女性だ。要するに「義理のママン」である。

義理のママンとはいえ、ペール・ユキヒロが今際の際に「……ジュニアよ、オレが死んだ後もママン・ミツコの面倒を全面的にみてやってくれよな、頼んだぜ……」とわたくしに言い残すのをしかと聞いているため、そのとおりにした。まぁそうでなくても面倒はみるつもりだったし、そういった私情や状況にいっさい関係なく、ママン・ミツコはわたくしの法律上の母親に相当するのだろうと思っていた。

「それが実はそうじゃないんですよ、軍曹さん……」

と言ったのは、ペール・ユキヒロがパスト・アウェイした際にもモロモロのことをお願いした行政書士の護摩坂さんだ。

ママンにとってわたしは無関係な第三者

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

「軍曹さんたち兄弟は、あくまでもペール・ユキヒロ氏とママン・キミエ氏との間に産まれた子供たちです」

まぁそりゃそうですよね。で、ユキヒロがミツコと再婚してからは、いちおう法的にはミツコが我々兄弟の母になった、と。

「違うんですよ。軍曹さんにとってミツコさんは『実の父が再婚した女性』に過ぎません。細かい法律用語は省きますが、ざっくり本質を言うとそういうことなんです」

……へ?

「そのため、もしも法的な観点から厳密に言うなら、軍曹さんはミツコさんのお世話をする義務はいっさいありませんでした」

……は?

「しかし扶養の義務がないということは、同時に相続の権利もないことを意味します」

……ほう。

「仮に軍曹さんがママン・ミツコ氏と養子縁組の手続きをしていた場合は実子と同じ扱いになりますが、養子縁組はされてないですよね? そして遺言書もない、と」

へい。

「……となりますと、ペール・ユキヒロ氏の死後、実質的にミツコ氏の面倒を全面的にみており、心情的にも母子の関係であった軍曹氏ですが、今回のご相続にあたって法的には『まったく無関係の第三者』という立場になります。お兄さまたちも同様です」

ひい……。

「話が長くなるとカレントライフ読者の皆さんもそろそろ飽きる頃と思いますので、結論だけ申し上げます。今回、ママン・ミツコさんの遺産を相続する権利があるのは、ミツコさんの唯一ご存命の肉親である妹さん、鍋川ユリコさん(82)だけです!!!」

ドーン!!! と喪黒福造のようにわたくしを指差しながら、護摩坂行政書士はそう言った……というのは嘘だが、話の内容は本当だ。

ダサい自分に失望。しかし逆に良かった?

IMG_6320

わたくしはショックを受けた。いや正確に言うと、自分がショックを受けたという事実にショックを受けた。

「たかだか数百万円の遺産なんてハナからアテにしてねえし、親とはいえヒトの金でクルマ道楽するなんざ邪道もいいとこさァ。ま、せっかくペールが遺してくれた金なんでゴミ箱に捨てたりゃあしねえが、せいぜい特売梅干しを紀州南高梅に替える……ってなぐらいが粋なんじゃねえの? わははは、NAロードスター最高!」

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...