来るべき(?)初代ロードスターブームに向けて、今のうちにやっておくべきこと

公開日:Posted in カーゼニ by

自分にはどうやら「先見の明」ってやつがあるようで、過去自分が購入したモデルはたいていの場合、その後中古車相場が爆騰する。今やほとんど買えない値段になってしまったポルシェ911のタイプ964しかり、低走行車の場合は900万円ぐらいの値が付くようになったランチア デルタHFインテグラーレEVO.IIしかりだ。あと地味なところでは、シトロエン2CVなんかも最近はそこそこ高騰している。……自分の鋭利すぎる感性というか千里眼が怖いぜ。

次に相場が高騰するのは初代マツダ ロードスターだ!

伊達軍曹 ロードスター

しかし問題は先見の明が「ありすぎる」ということだ。実はわたくし、上記モデル群の売却においていっさいの金銭的恩恵を受けていない。

つまり、自分が「これぞ!」と選んだ車種はたいていその後高騰するわけだが、それはわたしが売却してからしばらく経ってからのこと。わたしが売却した時点では相場は完全に無風だったり、あるいはやや低迷している。そのため自分はたいてい二束三文で車屋さんに売却するのだが、自分が手放すとなぜか相場は即座にムクムクと高騰する。そして「こんなことなら、あと半年乗ってりゃよかった……」と、手元のハンケチをグイと噛みしめるのである。

まぁそういったタイミングの悪さみたいなものはさておき、不肖わたくしにはそのクルマの相場高騰を見越す「先見の明」のようなものが確実に備わっているのだと確信している。となれば、そのセンスというか能力を何らかの形でマネタイズし、巨万の富を得ることも可能なはず。具体的にはどうすればいい? 簡単である。今現在わたしが所有している車種にフォーカスすれば良いのだ。それは、おそらくだが今後絶対に高騰するのだから。

伊達軍曹 ロードスター

で、自分が今所有しているクルマといえば08年式ルノー カングーの5MT仕様と、96年式のマツダ(ユーノス)ロードスター。ここカレントライフではおなじみのいわゆる「NA」である。もっと言うと「NA8C」だ。

ご承知のとおり本体マツダもNAロードスターに注目

伊達軍曹 ロードスター

まぁ初代カングーの5MTもそれなりに高騰する可能性はあるが、こちらはせいぜい「ほどほど」程度だろう。ちょい高騰してくれれば御の字だし、別に高騰しなくてもいい。我が草野球チームの道具車および釣り車として十分活躍してくれてますから。

しかしNAロードスターは違う。中古車相場学の観点から見ればバリバリのエースであり、期待の星だ。その出生にまつわるさまざまな伝説。プリミティブだが、それゆえ普遍的な魅力を放つ素晴らしき運動性能。今なお世界中の人を魅了してやまない可憐すぎるビジュアル。そしてどことなく漂う哀愁。……すべてが完璧である。趣味の乗り物としても完璧だし、中古車相場学すなわち投資の観点からしても完璧である。99.999%の確率で、NAロードスターの中古車相場は近い将来ウルトラ高騰するはずだ。

伊達軍曹 ロードスター

実際、自分がNAロードスターを購入してから半年ほどが経過したある日、マツダは「2017年後半をめどに、初代ロードスターを新車同様に整備し直すレストア復元サービスを始める」と発表した。それを聞いた自分は「フッ。ちょっと遅いけど、マツダもようやくモノがわかってきたようだな……」と偉そうに独りごちた。

数年後の相場高騰を見越して「NA専門店」を開業?

伊達軍曹 ロードスター

いずれにせよこれは大きなビジネスチャンスである。NAを通じて巨富を得る機会が、ついに自分の元へと到来したのだ。

……そのようなことを言うと、ディープでナイーブな自動車愛好家が多そうなカレントライフ読者からはFBページのコメントで「名車NAがカネにしか見えないのですか? この記者は哀れな人ですね」とか書かれそうだが、君のナイーブな意見など知ったことではない。西原理恵子先生も言ってるではないか、「人間、カネがないのは首がないのと同じ」だと。

カネに振り回される人生は当然哀れだが、ほどほどのカネすらもない人生のほうがもっと哀れである。カネは正しい。なぜならば、それはその人間の努力と知力と汗と涙と、それによって築いた「信用」とか「他人様の歓びや感謝」とかが形を変えたモノであるからだ。だから俺はカネを稼ぐぜ、先見の明によって入手したNAロードスターによってな! うおおおおおおお!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...