貯蓄額500万円の主婦に、フィアット500の中古車をおすすめする理由

公開日:Posted in カーゼニ by

寝ても覚めてもクルマのことを考えているカレントライフ読者のみなさん、こんにちは。寝ても覚めてもゼニのことを考えている自動車ライター兼金の亡者、伊達です。なんとでも言ってください。結局は稼ぐが勝ちです。残念ながらわたしゃ稼いでませんが。

そんなマクラはどうでもいいとして、「クルマの買い方」についてのお話です。

自動車購入界隈の話題としてしばしば語られるのが、「クルマは果たしてローンで買ってもOKなのか? それとも現金一括払いで買うのが賢いのか?」という問題です。

この低金利時代、わずかなローン金利など屁でもない?

それぞれの言い分はそれぞれありますし、それぞれうなずけるものがあります。「それぞれ」が3回続く悪文ですみませんが、それはさておき「ローン派」の主な言い分は、「この低金利の時代にわざわざ家計のキャッシュフローを悪化させる必要はない」ということなんじゃないかと思います。「金がないから無理して長期ローン」みたいなのは論外ですが、そうではなく「たとえ手元にそれなりの貯金があったとしても、あえてローンを選ぶべき」という考え方ですね。

ローン=借金というと脊椎反射的に毛嫌いする人も多いですが、このローン派の考えにも一理あるでしょう。中古車販売店が掲示してるローン金利は結構高いですが、銀行や信金などのオートローンを利用すれば、中古車でも新車並みの金利でローンを組めます。例えばわたしがその昔ポルシェ911のタイプ964を買ったときは(少額ですが)積金をしていた地元信金のオートローンを利用したんですが、そのときの金利は記憶によれば「1.9%」でした。

964change_2

このぐらいの金利だと、例えば300万円を借り入れて36回の均等払いで返済すると、いわゆる金利分は8万8686円という計算になります。3年間で約8万9000円、1年あたりで考えて約3万円、1カ月あたり約2500円の出費ですから、「そのぐらいは屁でもない」という見方は成り立ちます。それゆえ、ローン派は「わざわざ現金で買う意味がわかんねえ」というわけです。

すべてはケース・バイ・ケースゆえ「正解」はない

これに対して「現金派」の人々は、この8万円とか9万円の金利を「屁」ではなく「多大で無駄な出費」ととらえるわけですね。ゆえに「わざわざ無駄な金利払ってバカじゃねーの? もしくは一括で買えない貧乏人めが」とローン派を見下します。

この対立において、絶対的な勝者というか正解は存在しない……というのがわたしが考える結論です。その人が持っている現預金の額や、買おうと思ってるクルマの価格、そしてクルマという存在に対する認識の違い(情熱を傾けるべき対象なのか? それとも単なるアシか?)などさまざまな変数に応じて「正解」は変わりますので、どっちが正しいもクソもないわけです。

cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_s

ちなみにわたしの場合は「車両価格に応じて使い分けてる」って感じですね。100万円とか200万円ぐらいの中古車ならめんどくさいんで現金一括で買っちゃいますが、600万円とかのクルマを(ごく希に)買う場合は、なるべく低金利のローンを銀行とか信金とかで探します。

そんなことよりも、わたしがそもそもの問題として提起したいのは「みんなちょっと高いクルマ(新車)を買いすぎなんじゃねえか?」ということです。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...