自動車誌系出版社の編集者のフトコロ事情で、BMW3シリーズを『リーズナブル』といえるのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

この世の中、わたしが知る限りでは「お金持ち」や「小金持ち」の数は比較的少なく、わたしを含む大半の人はいわゆるパンピーであり、そしてパンピーのフトコロ事情は正直なかなか厳しいはず。

それなのに街には高価な最新輸入車があふれかえり、そして各自動車メディアでは、けっこうな高額モデルについても「今度の○○の価格設定はかなりリーズナブルでそそられる!」とかなんとか書かれている。

P90180561_highRes_the-new-bmw-3-series

……みんなホントにそんなカネ持ってんのか? 少なくとも俺はないぞ!

ということで、前回はわたくしのような「大して有名ではないフリーの自動車ライター」の推定フトコロ事情をぶっちゃけてみたわけだが、今回は筆者の前職である「自動車メディアを作ってる人」すなわち中小出版社に勤める社員編集者のフトコロ事情について考えてみたい。勝手にすみません。

まあ最近は自動車メディアといっても、紙の雑誌よりウェブ媒体のほうが主流だったりもするので、「出版社」に限定する必要はないのだが、なにせ筆者は出版社の給与事情しか知らないからということで、そこのところはご容赦願いたい。

P90221448_highRes_bmw-330e-celebration

さて。前述のとおり誌面などで時おり、「今度の○○の価格設定はかなりリーズナブルでそそられる!」とかなんとか書いている自動車誌系出版社の社員編集者だが、たとえばその○○がF30こと現行BMW3シリーズであった場合、そいつ(自動車系出版社の社員編集者)はF30のプライスのことを本当に「リーズナブルだ」と思えるのか?

ちなみにリーズナブルという英単語は、価格について用いる場合は「それほど高くない」「まあまあの」という意味になる。

で、そやつは売れ筋グレードで550万円前後となるF30型BMWのプライスを、心底「それほど高くない」と思えるほどの給料を取っているのか?

P90194198_highRes_bmw-340i-40th-aniver

……これは会社にもよるしポジションにもよるから、あくまでも「だいたいの話」でしかないのだが、まぁだいたいの場合、550万円のクルマを「それほど高くない」とは思えないはずだ。お呼ばれした試乗会で高級ホテルの料理食って、そんでもって普段から広報車を乗り回してるせいでちょっと麻痺してるだけで。

もちろん人様の正確なフトコロ事情など知る由もないので、自分の実体験をベースに考えてみよう。

わたしは新卒として超有名多国籍企業の日本法人に華々しく入社し、そして25歳ぐらいで華々しくドロップアウトし、しばらくのプー太郎生活を経て、28歳でとある自動車系中小出版社へ地味に入社した。その際に提示されたギャラは月20万円(税込み)+ボーナス年2カ月分だった。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...