大して有名じゃないフリーの自動車ライターは、ぶっちゃけ最新のCクラスは買えるのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

「わたしはお金にとっても興味がある」……と冒頭で言ってしまうと、まるで守銭奴のようでかなり人聞きが悪いが、とにかく興味があるのだから仕方がない。自分はいわゆる自動車ライターだが、最近のわたしは下手をすれば金融ライターに転身したいほどお金に興味津々である。

9fddec4a211943f1b9cdd593b1ca7077_s

なぜならば、世の中にはお金にまつわる不思議な現象が多すぎるからだ。

都市部では最新のメルセデスCクラスやBMW3シリーズが、それこそ昔のカローラのごとき勢いで大量に走り回り、車関係のサイトや雑誌を見れば、やれ718ボクスターがどうの、フェラーリGTC4ルッソがこうのと大まじめに語っている。

08-e7ac8

……みんなホントにそんなにカネ持ってんのか?

「平成26年 国税庁 民間給与実態統計調査」によれば、近年の勤め人の平均年収は415万円にすぎないのに(※男性に限ると511万円)、なぜ街には最新の高額車があふれているのか? 車メディアは最新ポルシェやらの高額輸入車を取り上げたがるが、いったい何人がアレを自分事として読んでいるのか? そもそもアレ(メディア)を作ってる連中は、アレ(718ボクスターとか)を買えんのか? と、そんな疑問の答えを探したいのである。

ということで、このコーナーでは世のクルマについて「お金軸」で考えていきたいわけだが、隗より始めよという言葉もあるので、まずは自身のことから考えてみる。

「ぶっちゃけ俺でも最新のCクラスぐらいは買えんのか?」という検証だ。

大して有名じゃないフリーの自動車ライターは、ぶっちゃけ最新のCクラスは買えるのか?

これに関してはまず、筆者(40代男)のライフステージを三つにわけたうえで考える必要があるだろう。まずは現在の「大して有名じゃないフリーの自動車ライターはどうなのか?」と。お次は前職である「中小出版社の社員編集者をそのまま続けていたらどうだったか?」。最後は「新卒で入ったそれなりの企業に今も勤務していたら?」だ。

まずは「大して有名じゃないフリーの自動車ライター」は新車のCクラスとか買えんのかという問題。これは、結論からいうとまあフツーに買えますわな。買うだけなら。

ほかのライターさんのフトコロ事情は当然知らないが、みんな1年間の売り上げは少なくとも600万円ぐらいはあるんじゃないですか? 知らんけど。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...