AUTOMOBILE COUNCIL 2017を巡って。自分にふさわしい「買えるクルマ」はあるのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

去る8月4日(金)から6日(日)にかけての週末、幕張メッセ4・5ホールにて『AUTOMOBILE COUNCIL 2017 (オートモビルカウンシル)』が開催された。詳しくご承知の方も多いと思うが、こちらは「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマとする「クラシックカーというほど古いわけではないが、ちょっと古い、素敵なクルマたち」が集うイベントだ。

自分は某メディアの依頼を受け、乳房が非常に発達している妙齢の綺麗なご婦人(世間では「ぐらどる」と呼ばれているお仕事に就いているらしい)と一緒に場内を巡った。しかし、本邦でも一二を争う“超硬派”自動車ライターである自分はご婦人の発達した乳房にはいっさいの関心を持たず、ただひたすらに、ちょっと古い名車たちを見つめていた。されどごくたまに、発達した乳房も衣服越しに見つめていた。

素晴らしい展示車たち。だが素晴らしいモノはやっぱ高い

このイベントに行かれた読者諸兄も多いと思うが、展示されていた車両たちはどれも素晴らしかった。

ひたすらに美しくレストアされた所謂ナローポルシェ。右側のドアから若き日のショーン・コネリーが出てきそうなアストンマーティン。比類なきほどセクシーな造形美を誇る60年製アルファロメオ ジュリエッタ スパイダー。そしてその他もろもろ。

「嗚呼、ちょっと古いクルマたちよ。諸君はなんと素晴らしいのだ……!」

心の中でそのように詠嘆しながら会場を巡った自分だった。

しかし、というかそしてというか、このイベントの美点の一つとして「展示車にプライスボードが付いている」というのがある。要するにこれらの展示車は、展示車であると同時に出展者さんの販売車両でもあるため、値段がその場でわかると同時に、その気になれば購入することだってできるわけだ。

当然自分はプライスボードをガン見した。だが、やはり端的に言って高い。

「190E 2.5-16エボIIのDTMマシンが400万円! 激安やんけ!」と思っても、それは近視+乱視の自分がゼロを1個見落としただけのことで、実際の価格は、当たり前だが4000万円級であった。

素晴らしいイベントではあるが、一生の下積みが確定しているド底辺ライターたる自分にはしょせん縁のない世界であったか……と、自分はうつむきながら『昭和枯れすゝき』のAメロを口ずさんだ。

超絶お宝系のゴルフ カブリオの購入を試みた。しかし……

が、希望はあった。

自分は事前にどこかのサイトで「相模原市のゴルフ2専門店『スピニングガレージ』さんが、走行1万km台の超絶美品な93年式ゴルフ カブリオ クラシックラインを出展する」という情報を得ていた。それを猛烈に見てみたいと思っており、そして、それであれば下積み確定の身であっても買える可能性は高い……と踏んでいたのだ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...