ポルシェ996を「男の120回払い」で購入することに問題点はないのか?

公開日:Posted in カーゼニ by

幼少期から長患いをしてる「貧乏」の影響でルノー カングー+マツダ(ユーノス)ロードスターという2台体制を廃し、NAロードスターのみの1台体制で生きることを決意したのは既報のとおり。そしていざNAのみの生活を始めてみると、草野球道具一式の運搬に勝利し、コストコで爆買いした物資の運搬にもあっけなく大勝利したことは、これまた既報のとおりである。

それにより、もはやわたくしの生活に「カングー的なるもの」はいっさい必要ないことが明らかとなった。ロードスター1台で何だってできるし、どこへでも行ける。

しかしそうなると思考というのはどうしたってラディカルになっていくもので、わたくしの思考も過激化していった。

「なんならロードスター1台体制じゃなく、ポルシェ911の1台体制で生きればいいんじゃね? 今後?」と。

911購入を決意……だが「高い」ということを忘れてた

964YC_3

無論、クルマの居住性・積載性のような点ではNAロードスターよりポルシェ911のほうが(いくばくか)優れており、そしてそもそもポルシェ911は「サーキットとかだけを走る純スポーツカー」ではなく「日常的に使うこともできる超絶スポーツカー」というコンセプトで(たぶん)開発されたクルマであるため、モノの道理から考えればポルシェ911の1台体制というのは何らラディカルではなく、むしろNAロードスター1台体制のほうが急進的だと言えるだろう。

そのことは当然筆者も承知だ。しかし筆者のような貧乏奴があえて911を選び、そしてそれ1台のみにて生活する……という点に、どことなく革命の息吹を感じたのである。

ということで自分はさっそくカーセンサーnet等を駆使して中古ポルシェ911の吟味検討検索に入ったのだが、そこで大きな問題が発覚した。というか、思い出した。

「ポルシェ911は高い」という単純な事実である。

わたくしが一番欲しい空冷のタイプ964は、走行距離短いやつだと1000万円ぐらいするし、6万kmとか7万kmぐらいのやつでも700万~800万円。かといって「最良の911は最新の911! ……でも最新のはさすがに高くて買えないから『次善の911は1コ前の911!』という精神に基づいて先代997を探すか」と思っても、997のメインどころは600万~800万円ぐらい。これまた貧乏奴には厳しい相場だ。

ならば……ということで、当然ながら着目点はタイプ996こと先々代の911に帰結した。

ガレージカレントにておあつらえ向きのタイプ996を発見

none170211

タイプ996。ご承知のとおり98年4月から04年7月まで販売された、ポルシェ911としては初の水冷フラットシックスエンジンを採用したモデルである。で、自動車マニアというかオタクみたいな人からのウケは決して良くはない。「なんかこう乗用車チックで、ちょっとつまんないんだよね……」と。

たしかにそうなのかもしれない。だがそれは、今回のわたくしにとっては逆に好都合である。なぜならば、わたしは今回「乗用車」を探しているからだ。それ1台ですべての用事をこなせる乗用車を探している人間が、その対象物に対して「乗用車的でつまんないね」と言うのは論理的に間違っている。ていうか、狂ってる。

まぁもうちょっと真面目な言い方をしますと、ほかに実用系のクルマを持っていて、911にはリアルスポーツっぽい部分を望みたい人にとっては、996の素のカレラとかは少々物足りないのかもしれません。でも、わたくしはほかにクルマないし、サーキットにも峠にも(ほとんど)行かないし、911にはあくまでも上質でスポーティなオールラウンダーとしての資質を求めているので、「むしろ996が良くね? 逆に」と思ったのであります。押忍。

ということで自分はタイプ996こと先々代のポルシェ911に絞って検索を開始した。……前期型でも別にいいんだけど、さすがにもはや荒れてる個体が多いんで、やっぱ買うなら後期のカレラかカレラ4かな? カレラ4Sでもいいけど、高いんで。カチカチカチ、click、click、click……てな感じで検索を鋭意進行していると、なかなか魅力的な1台に遭遇した。

それは、カレントライフの発行元であるガレージカレントをヨイショする意図では決してなく、たまたま、ガレージカレントが販売陳列中の02年式カレラであった。

ティプトロSでもやむなしと考えていたのだが、これは望外の6MT。そしてスピードイエローというボディ色も、白とか黒とか銀のクルマはあまり好まない自分としてはむしろ好都合。走行5.8万kmということで「低走行車」とはいえないが、どうやら記録簿13枚が記載されていて、主にはミツワ自動車およびポルシェセンター、そして加えて一般整備工場にて必ず年に一度、確実かつ神経質に点検整備を受けてきた模様。で、値が張る新車時のオプション装備も超絶多数。……いいじゃねえか。

価格は車両本体377.9万円。問い合わせてみたわけではないので正確なところは不明だが、おそらく支払総額は400万円とか、だいたいそのぐらいであろうか?

問題は、これをどう手に入れるかだ。予算的に、家計的に。

「男の120回払い」なら割と楽勝?

996YC_4

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...