日本の公道の速度域から考えれば、最新991でなく996後期でも全然OK?

公開日:Posted in カーゼニ by

過日、家の者がアウディTTSをポルシェ911と誤認したことをきっかけに、「もしも911買うなら、最新のタイプ991とかじゃなく2世代前のタイプ996カレラ後期とかでも十分なんじゃね?」と軽く悟りを開いた筆者。996で善しと考えた理由は、「人はクルマの形なんてどうせわかりゃしないし、日本の公道ではドイツと違って大したスピードなんて出せやしないから」だ。

そして前回、「人はクルマの形なんてどうせわかりゃしない」という前提については「おおむね正しい」との自社調査結果が出た。そして今回は、後段の「日本の公道ではドイツと違って大したスピードなんて出せやしない」という部分についての検証を行い、それを踏まえて最終的な結論を出したいと思う。

本邦の現実的な最高速度はせいぜい130km/h?

賢明なるカレントライフ読者諸兄には今さら説明するまでもなかろうが、本邦の公道における法定最高速度は、四輪自動車の場合、高速自動車国道の本線車道のうち対面通行でない区間が100km/hで、それ以外の道路は60km/hだ。

しかし賢明なるカレントライフ読者諸兄にはこれまた説明するまでもないことだが、その法定最高速度はしばしば形骸化している。

無論、「ワテクシはビタ1キロたりとも速度違反なんかシマセン!」という人もいらっしゃるのだろうが、それはハッキリ言って少数派で、多くの者は(明らかに空いている国道や自動車専用道路などでは)法定最高速度をある程度シカトして走行している。それが、本邦の現実だ。

だからといって高速自動車国道を250km/hのリミッターにぶち当てながら激走し、一般国道を150km/hでジグザグ走行し、ついでに30km/hか40km/h制限の生活道路を70km/hほどで爆走するキチガイが多いわけではなく(まぁ残念ながらたまにいるんですが……)、大半のドライバーは「法定速度を少々超える程度」で収めているはずだ。

ズバリ言って「空いてる国道で80kmぐらい」および「空いてる高速で130km/hぐらい」というのが、法的に許されているわけではないが、現実の運用においては「ま、そんなもんかもしれないね」というなんとなくのコンセンサスが生じている、本邦のマキシマムスピードではないかと愚考する筆者である。

……こういった法に反する“現実”の話をすると、「ムキーッ! このライターはけしからんザマス!」と脳ミソを沸騰させながら苦情を述べたてたり通報したりする人がいるが、ご苦労さまです。お疲れさまです。そしてさようなら。

そんな低速度域での最新超絶性能は宝の持ち腐れ

さて。かくいう筆者も前述の速度をひんぱんに出しているわけではなく、基本的には法定速度か、むしろそれ以下の速度で走行しているわけだが(特にNAロードスターに乗るようになってから、のんびりさんになりました)、とにかく「せいぜい80」「せいぜい130」「それ以上はキチガイ!」という勝手なコンセンサスをベースに話を進めたい。

……つまり速度域が低いわけですよ、本邦は。ハッキリ言って蚊がとまるほど遅い。ドイツのことはよく知りませんが、アウトバーンでおおむね150km/hぐらいですかね? 速度無制限区間は別として。で、国道みたいなところで100km/hぐらいでしょうか? わかりませんが、おそらくはそんなもんでしょう。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:伊達軍曹

外資系消費財メーカー日本法人本社勤務を経て、出版業界に転身。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めた...