メルセデス・ベンツ Vクラスを一部改良およびモデルラインアップを追加

最終更新日: 公開日:2016-06-01 | Posted in メルセデスベンツのニュース, 輸入車ニュース by

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社:東京都港区)は、メルセデス・ベンツ「Vクラス」を一部改良、ラインアップに「V 220 d Sports long」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ本日より発売します。

V220d_Sports_long

1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを創出しました。その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経ながら、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど日本のお客様のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数2万台を超えるロングセラーモデルです。

V220d_Sports_long2

「 V 220 d Sports long 」をラインアップに追加
今回、新たに「 V 220 d Sports long 」がラインアップに加わりました。「 V 220 d Sports long 」は、「 V 220 d AVANTGARDE long 」をベースに、内外装のスポーティでスタイリッシュな印象をより強調する「AMGライン」を採用しました。エクステリアには、AMGデザインエクステリア(フロントスポイラー、リアバンパー、リアルーフスポイラーリップ)、専用19インチAMG7ツインスポークアルミホイール、インテリアには、カーボン調インテリアトリム、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)を備えています。
さらに、現在販売中のVクラスとして初めてパノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)を標準装備しました。また、メルセデスの先進安全技術であるレーダーセーフティーパッケージを標準装備し、高い安全性と快適性を実現しています。

V220d_Sports_long3

「メルセデス・ベンツ Vクラス」に関する記事

エンブレム以外は不要?ドイツで見かけるグレード不明なクルマたち

「羊の皮を被った狼」という表現に思わず反応してしまう方は多いのではないでしょうか。もともとは1964年に誕生したプリンス自動車工業のスカイライン2000GTに対して使われたのが最初、と言われています。後に、外観のイメージ …続きを読む

国産Lクラスミニバンに真っ向勝負を挑む、新型メルセデス・ベンツ Vクラスの魅力とは?

今年10月に日本仕様が発表(デリバリー開始は2016年1月から)となったメルセデス・ベンツ Vクラス。すでに本国では昨年1月に発表されていますが、今回日本に導入されたのは世界で最も厳しいとされる日本の「ポスト新長期規制」 …続きを読む

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは

去る9月17日から27日にかけて開催された第66回 IAA 2015 フランクフルト・モーターショーでは、会場内にある10棟以上のホールで数多くのニューモデルが発表されました。しかし、会場外でも面白い施設と車両展示が行わ …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...