ポルシェ 8気筒エンジンを生産するための新工場を竣工

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は、8気筒エンジンを生産するための工場を新たに竣工し、エンジンの製造を新たなステージに推し進めます。

S16_0368_fine

シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの中心に位置する工場は最先端の生産方式によって管理され、フル稼働時には400名の従業員が1日当たり約200基のV型8気筒エンジンを生産します。ポルシェはこの新しい生産施設に約8,000万ユーロの投資を行いました。

S16_0372_fine
●製造とオートメーションの柔軟な連携
新しいエンジン工場の核となるのは、製造とオートメーションが調和して効率的に連結される柔軟な生産システムです。まずこのシステムは、ニューパナメーラに搭載される革新的なV型8気筒エンジンの、非常に精度の高い工程を含む組み立てに導入されます。そのため、十分な訓練を受けて高い技能を持つ従業員が、多くの責任を担っています。

彼らは最新のマシンと工具によってサポートされます。約100のイノベーションが生産システムのコンセプトに組み込まれています。リチウム-チタンバッテリーを積んだ電動運搬装置は、工場の2つのフロアをまたいで設置された16,000個の磁石によるグリッドネットワークによって導かれ、動き回ります。柔軟な対応力を持つことによって、今後の製品変更や新方式に対して、生産工程を容易に適応させることができます。

「ポルシェ 911」に関する記事

積載車を持つ歓び・・・。そのクルマの車重や重心位置までも楽しむことができる!

積載車を購入して間もなく10か月。事業用での購入ではなかったにせよ、いろいろな人間関係の中でクルマを運んであげる必要性も出てきて結構フル稼働状態です。こんなに走るなら、もう少し距離の薄いクルマを買っておけばよかったと思っ …続きを読む

所有数100個は序の口?重症度別ミニカーコレクターあるある

カレントライフにおけるミニカーネタというと、ライター北沢氏の十八番であります。筆者も北沢氏ほどではありませんが、1/43サイズを中心に約20年近くミニカーを集めており、周囲にも大なり小なりミニカーを集めている友人・知人が …続きを読む

漆黒の内装がクール!ベルリンで見かけた希少なスポーツカー「Wiesmann(ヴィーズマン)」

オープンカーのオーナーたちがみんな屋根を開け放って走っていそうなほど、突き抜けるような青空のある日。買い物をしていた筆者は、とある駐車場で見慣れないクルマを発見しました。地を這うような低い車高、イギリス車を思わせる小柄で …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...