ポルシェ911RSR後継モデルがテストを開始。2017年デイトナ24時間でデビュー予定

最終更新日: 公開日:2016-05-12 | Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は2015年シーズンにもっとも成功を収めたGTレーシングカー、ポルシェ911 RSRを2017年シーズンに向けて一新いたします。その後継モデルはポルシェのヴァイザッハ研究開発センターのテストコースにおいてシェイクダウンを終え、間もなく世界中のサーキットにおいて本格的なテスト段階に入ります。

M16_1262_fine

ヴァイザッハでのシェイクダウンでは、多くのポルシェワークスドライバー達が新しい2017年のGTEレーシングカーの感触を確かめました。「新しいマシンの初走行を数人のドライバーが行うのは非常に珍しいことです。」とGTモータースポーツ総合プロジェクトリーダーのマルコ・ウジャーシは語ります。「しかしワークスドライバー全員が開発に携わったこともあり、可能な限り多くのドライバーにテストコースを数ラップしてもらいました」。

「ポルシェ 911」に関する記事

1974年式ポルシェ911 RSRも!億単位のクラシックカーがオークションへ続々登場

2017年夏、欧州で開催予定のオークションでは、超高額で落札が予想される個体が続々登場するようです。 まずは、7月2日のモナコで行われるアートクリアルオークション。ここにはホワイトカラーの「ポルシェ911 RSR」が出品 …続きを読む

F40などフェラーリスペチアーレモデルは必須?世界のカーコレクターたち

Youtubeのお陰で、居ながらにして世界の最新映像を楽しめるようになりました。そのたびに世界は広いと思わざるを得ません。そこで今回は「F40などフェラーリスペチアーレモデルは必須?世界のカーコレクターたち」と題して、超 …続きを読む

ポルシェの新たな一員はミツバチ?ポルシェの養蜂プロジェクトが本格始動!

「ポルシェが6万の従業員を新たに雇用!」というニュースを聞いて驚くのは、ドイツ在住の筆者だけではないはずです。業績がよかったため、今年のボーナスは全従業員に9111ユーロ(911にちなんで)を支払ったという『太っ腹ポルシ …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...