フォルクスワーゲン 日本専用の特別なモデル『パサート ヴァリアント ヴォヤージュ』を、限定250台で発売

公開日:Posted in フォルクスワーゲンのニュース, 輸入車ニュース by

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市、 略称:VGJ)は日本専用の特別限定車「Passat Variant Voyage(パサート ヴァリアント ヴォヤージュ)」 を、7月5日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売します。販売台数は250台。ボディカラーは、有償オプションカラーのオリックスホワイトやクリムゾンレッドを含む全7色。全国希望小売価格 (税込)は、3,890,000円です。

フォルクスワーゲン 日本専用の特別なモデル『パサート ヴァリアント ヴォヤージュ』を、限定250台で発売

『Passat Variant Voyage』は、「Passat Variant TSI Comfortline (同コンフォートライン)をベースにしています。フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステムの“Discover Pro”パッケージやLEDヘッドライトパッケージなどの人気オプションを標準装備。さらに日差しが強くなる季節に効果的で実用性の高い“Car Window Film“を装着した特別限定車です。

00010239

『Passat Variant Voyage』の主な追加装備については下記の通り。

「フォルクスワーゲン パサート」に関する記事

VWの新型SUV「ティグアン」のプレス向け試乗会はなぜ都内で開催されたのか?

ゴルフはすごい!ポロもすごい! up!もなかなかクラスを超えて・・・そうなるとパサートも。フォルクスワーゲンは、アピアランスで、趣味性や情緒に訴えかけることこそ少ないですが、乗ればその違い、おそらくプロや、クルマに精通し …続きを読む

フォルクスワーゲン新型ティグアンを試乗。SUV=Social Utility Vehicle というスタンス

ソーシャルなんちゃらというのおおいですよね。ソーシャルネットワークサービスを活用して、ということなんで、その略が多いのですが、「ソーシャル」だけ独り歩きするとやや間抜けな印象、ありませんか?「社会的~」そもそも現代社会に …続きを読む

ふらっとガチ遠出!群馬の秘湯「尻焼温泉」でモーニングコーヒーを

昨年はふらっと尻焼温泉に行ったりもしました。群馬県の中之条町。川がそのまま湯船になっている温泉。川底から温泉が湧いていますので24時間営業(!)です。 ちょうどひょんなことからお借りすることになったパサート・ハイライン。 …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...