VWが「Passat GTE/Passat GTE Variant」を販売開始!PHEVでは第2弾となる

最終更新日: 公開日:2016-06-07 | Posted in フォルクスワーゲンのニュース, 輸入車ニュース by

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(代表取締役:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、同社のPHEVでは第2弾となる「Passat GTE(パサート ジーティーイー)」シリーズ(全2モデル:4グレード)を本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売します。

フォルクスワーゲン プラグインハイブリッドモデル第2弾となる「Passat GTE」「Passat GTE Variant」販売開始

ボディカラーは全5色で、全国希望小売価格(税込)は、セダンタイプの「PassatGTE」が¥5,199,000、アップグレード仕様の「PassatGTEAdvance(同アドヴァンス)」が¥5,799,000、さらにステーションワゴンタイプの「Passat GTE Variant(同ヴァリアント)」が¥5,399,000、同じくアップグレード仕様の「Passat GTE Variant Advance(同ヴァリアントアドヴァンス)」が¥5,999,000となっています。なお、本車両の購入時には、¥108,000のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費の適用を受けられます。

00010027

昨年9月に導入したフォルクスワーゲン初のPHEVモデル「Golf GTE(ゴルフジーティーイ)」に続く第2弾として国内販売を開始する「Passat GTE」シリーズには、フォーマルな4ドアセダンと趣味やレジャーまでの幅広い用途に適したステーションワゴンの2モデルがあります。フォルクスワーゲンは、先に掲げた「Think People.」という考え方の下、PHEVモデルでもハッチバック(Golf GTE)からセダン、ステーションワゴンと幅広いバリエーションをご提供することで、お客様それぞれのライフスタイルにもっとも適したPHEVモデルをお選びいただけます。

00010086

「フォルクスワーゲン Passat」に関する記事

「旧き良き時代」を思い出す、クルマのネーミングルールとシトロエンのリアタイヤ

オールドファンであれば、60年代後半から70年代にかけてクルマメーカーは自社のクルマのネーミングに「凝っていた」時期があったのを覚えているかもしれない。 たとえばトヨタであれば、必ず「C」で始まる車名⇒「クラウン(CRO …続きを読む

フォルクスワーゲン 日本専用の特別なモデル『パサート ヴァリアント ヴォヤージュ』を、限定250台で発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県 豊橋市、 略称:VGJ)は日本専用の特別限定車「Passat Variant Voyage(パサート ヴァリアント ヴォヤージュ …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...