旧車の増税に歯止めは掛からないのか?アンケートから分かるユーザーの想いとは

公開日:Posted in 旧車のニュース, 輸入車ニュース

旧車の増税、これは古いクルマのオーナーはもちろんのこと、その世代のモデルのファンにとって、もはや切っても切れない話題ではないでしょうか?このテーマでの記事について、もっともっと、ユーザーの生の声を具現化できないか?との思いから今回のアンケートを実施させていただきました(予告なしの急なアンケート実施ならびに3連休の実施という状況にも関わらず、ご協力いただいた読者の皆さま、本当にありがとうございました!)。

この記事に共感いただける方、共感できない方、異論反論。さまざまなご意見をいただけると幸いです。

カレントライフで実施した旧車・増税に関するアンケートとは

旧車 自動車税 増税

旧車・増税に関するアンケートは、合計5つの質問をさせていただきました。アンケート実施期間は、2016年10月14日(金)〜10月17日(月)までです。カレントライフ読者の皆さんは、「古いクルマが好き」な方が多い点も踏まえて、率直なご意見をもらえるよう、すべて匿名での回答としてシンプルな質問だけにしてあります。

Q1.いま所有しているおクルマは初年度登録されてからどれくらい経過していますか?

旧車 自動車税 増税

アンケートの結果では、自動車重量税がもっとも高くなる、車齢18年を経過している方が61.5%と過半数を超えました。13年を経過している方と合わせると、実に85.7%となります。母数が少ないとはいえ、まだまだ車齢が長いクルマを所有している方がたくさんいらっしゃるのです。

Q2.所有しているクルマに乗る頻度は月に何回くらいですか?

旧車 自動車税 増税

アンケートの結果では、月に5回以上乗る方が51.3%、3〜4回の29.5%と合わせると80.8%となります。これはつまり、趣味で乗っている方だけでなく、実用車として使用しているケースも多々あるのではないかと推測されます。

Q3.平成27年(2015年)の税制改正の時点でクルマを手放そうと思いましたか?

旧車 自動車税 増税

「手放すつもりはなかった」が85.9%と圧倒的多数です。それほど強い意志を持って所有している方がたくさんいらっしゃるということの表れでしょうか。手放したら限りなく100%に近い確率で買い戻すのは困難ですし…。

Q4.自動車重量税が現時点からさらに加算された場合、手放す可能性はありますか?

旧車 自動車税 増税

やはり「手放すつもりなし」が66.7%と圧倒的多数です。増税&愛車への思い入れの完全勝利です。「増税額次第」が28.2%という、理想と現実の狭間で揺れる恋心…ならぬ愛車精神のようなものが感じ取れます。どれほど大切な愛車でも、家族や生活を優先しなくては、という方がいらっしゃるということでしょうか…。

※Q5に関してはフリー回答形式となっています。読者の皆さまからいただいたご意見を(可能な限り)原文のまま掲載いたしました。ボリュームがあるので、記事の後半にまとめてあります

車齢に応じてきっちり税率が高くなっている現状

そして、こちらのアンケート結果も気になるところです。

●[参考]車体(取得・保有)課税の国際比較〔12年間使用した場合〕
旧車 自動車税 増税
出典:JAF『自動車税制に関するアンケート調査』結果より

●[参考]本来の税率を上回る税率が課せられている税目
旧車 自動車税 増税
出典:JAF『自動車税制に関するアンケート調査』結果より

こうして見ると、車齢13年超および18年超の車両に関する本来の税率との比較ができます。車齢に応じてきっちり税率が高くなっていることが分かります。以下の記事でも、ヨーロッパ諸国の状況を現地スタッフが調べたものを掲載しています。併せてご覧ください。
▼EU諸国の自動車税制は、クラシックカーに対する姿勢が明確に日本と違う
http://current-life.com/life/eu-classiccar-taxation/

旧車 自動車税 増税

新車新規登録から13年を経過した自家用乗用車に対しては、自動車重量税及び自動車税において、重課(より重い税率を課す措置)がなされてきました。また、本年度(2016年)より自動車重量税の重課の措置がさらに強化され、軽自動車税にも重課の措置が新たに導入されました。このことについての調査結果は以下の通りです。

旧車 自動車税 増税
出典:JAF『自動車税制に関するアンケート調査』結果より

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...