フェラーリ GTC4Lussoの極東エリアプレミアを日本で開催

公開日:Posted in フェラーリのニュース, 輸入車ニュース by

2016年5月10日、3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーで発表された「フェラーリ GTC4Lusso」が、極東エリア向けに初めて東京で披露されました。

9

マラネッロの4シーター・コンセプトを再解釈したフェラーリの最新モデルとして誕生したGTC4Lussoは、あらゆるドライビング・コンディションで卓越したパフォーマンスを発揮するばかりではなく、ドライバーとパッセンジャーの両方に、スポーティー・エレガンスとラグジュアリーな快適性を提供します。GTC4Lussoはいつでも、どこでも、フェラーリを運転する快感を体験したいというお客様のために設計されたモデルなのです。

GTC4Lussoのネーミングは、究極性能とスタイリッシュなデザイン、洗練された素材とクラフトマンシップのすべてを実現させた330GTCおよび250GT Berlinetta Lussoといった輝かしいモデルに由来しています。そして折しも50年前、330GTCが誕生したその年に、フェラーリは日本に拠点を構え、今年50周年を迎えました。

5

この2つの美しいクラシック・カーも展示されたエクスクルーシブな会場には、妥協することなく美しさを追求し、さらにGTC4Lussoで提示する新しいフェラーリの世界を表現すべく、建築家寳神尚史(ほうじん・ひさし)氏とのコラボレーションにより、イタリアのパラッツォ(宮殿)をイメージしたスペースが創造されました。

GTC4Lussoには、圧倒的パワーと効率を両立させたフェラーリ最新のV型12気筒の自然吸気GTエンジンが搭載されています。このエンジンは、高速走行時にはスリリングな、またツーリング時には控え目ながら耳に心地よいサウンドトラックを響かせます。

GTC4Lussoでは、排気量6,262ccV12エンジンの最高出力を690cv/8,000rpmまで強化しました。また最大トルクも697Nm/5,750rmpと強大で、わずか1,750rpmから最大トルクの80%を発揮します。またFerrari GTC4Lussoは、最高速度335km/h、0-100km/h加速3.4秒ジャストという性能数値を誇ります。2.6kg/cvのパワーウェイトレシオ、13.5:1の圧縮比ともに、カテゴリー最高記録です。

ビークル・ダイナミクスシステムがシームレスに統合制御された結果、パワフルなGTC4Lussoはあらゆる走行状況で卓越した性能を発揮します。特にロー・グリップ路で真価を発揮し、安定性と快適な乗り心地を提供します。

第4世代サイドスリップコントロール(SSC4)をベースに開発し、新たにフェラーリが特許を取得した4RM-S(4輪駆動、4輪操舵)システムは、4RMEVOシステムに後輪操舵機能を統合したほか、E-Diff電子ディファレンシャルおよびSCM-Eサスペンション・ダンピングとも統合制御されます。

フェラーリ・デザインによって生まれたGTC4Lussoのエクステリア・ラインは、シューティングブレーク・クーペのコンセプトをさらに洗練させてました。リアに向かって流れるように細くなるシェイプは、4名の乗員に対して充分なスペースと快適性を備えた上で、このモデルの優雅さとスポーツ性完璧なバランスを強調します。フロントは、ドライバーとパッセンジャーが優れたドライビング・エクスペリエンスを共有できるよう、多彩な機能を備えたデュアルコクピット・アーキテクチャーが新採用されました。厳選した素材を適所に組み合わせて使用することでキャビンを豊かな空間に仕立てたほか、4名の搭乗者全員を快適に包み込むゆとりあるシートにより、まるでラグジュアリーなリビング・スペースのような雰囲気を構築しました。フェラーリらしいスポーティ・ラグジュアリー性を高めるためにいくつかの機能は小型化され、指先で簡単に操作できる10.25インチHDスクリーンをはじめとするナビゲーションならびにインフォテインメントシステムは最新のものを搭載しています。

「フェラーリ」に関する記事

bb ポルシェ911や、ケーニッヒも!フランクフルト・モーターショーを別の面から楽しむ

2年に1度、ドイツのフランクフルトで開催される世界最大のモーターショーのひとつ、それがフランクフルト・モーターショーです。正式名称は“Internationale Automobil-Ausstellung”、直訳すると …続きを読む

クルマ好きの思いが詰まったジオラマや名車たち。関西オートモデラーの集いを訪れて

数年前から出戻りモデラーをしている筆者ですが、近年はSNSの普及で他のモデラーの方と交流を持つ機会も増え、筆者も拙作ながら5年ほど前より展示会にも参加するようになりました。 誰でも気軽に参加できる「オートモデラーの集い」 …続きを読む

積載車を持つ歓び・・・。そのクルマの車重や重心位置までも楽しむことができる!

積載車を購入して間もなく10か月。事業用での購入ではなかったにせよ、いろいろな人間関係の中でクルマを運んであげる必要性も出てきて結構フル稼働状態です。こんなに走るなら、もう少し距離の薄いクルマを買っておけばよかったと思っ …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...