1964年のポルシェ911が、中国開催のクラシックラリーにおいて優勝

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は、先週末に終了したヒストリックモータースポーツ(主催:オートモータースポーツ社、モータークラシック・チャイナ社、開催地:中国・北京、上海)の第3回クラシックラリーにおいて優勝を飾りました。このクラシックカーラリーは、北京と上海を中心とした1,000km超のコースを2度の週末に渡って走行するイベントで、ポルシェでは、ポルシェミュージアムのカーコレクションから1964年の911 2.0と1998年の911カレラ(993)の2台が3回連続で出場しました。

s16_0510

500kmを超える第1区間では、ポルシェAGのファイナンスおよびIT担当取締役であるルッツ・メシュケとポルシェミュージアム館長のアヒム・ステヤスカルがポルシェドライバーズチームの代表を務めました。2日間にわたる走行区間は、北京の延慶区からスタートして曲がりくねった山岳地帯へと続きました。クラシックカーの輸入規制がある中国で、道路を走るオールドタイマーを見るのは非常に珍しく、35名の参加者は最初に停車した張家口市で中国の人々から熱烈な歓迎を受けました。

s16_0514

600kmを超える上海区間は、この日曜日にゴールして成功裏に終了ました。このステージは上海の中心街でスタートして、中国で最も広大な森林地帯のひとつである千島湖を通り抜けました。上海区間でヒストリック911を自ら運転したポルシェチャイナの社長兼CEOのフランツ・ユングは次のように述べました。「ポルシェミュージアムは、過去3年にわたって、中国市場の複数のイベントのためにクラシックコレクションの車を私達に披露してくれました。中国のマスメディアとお客様からの美しいクラシックカーに対する関心は非常に高くなっています。」

「ポルシェ911」に関する記事

天国には乗っていけない愛車を、今後も末永く乗り続けていけるようにしてほしい

先日、70代半ばになるという、ある旧車にお乗りの男性を取材させていただく機会がありました。「オレも今年で後期高齢者だよ」と仰る姿は本当に素敵で、自分もこの方のように年を重ねていきたいと感じました。パワステもなく、エアコン …続きを読む

あの「彼女のカレラ」がコンセプト!クルマ好きが集まる憩いの場、カノカレかふぇ

筆者在住の名古屋といえば喫茶店文化で有名な事はご存知の読者の方も多い事かと思います。チェーン店や個人経営、イベント的な期間限定カフェ等、名古屋周辺には個性豊かな喫茶店が数多く存在するわけですが、当然自動車趣味王国でもある …続きを読む

当時を知る人にとって伝説だった、Carerra Turbo RUF=CTRというクルマ

現在開催中のジュネーブモーターショーにおいて、RUF CTR(初代)を想起させるクルマが発表されました。そのシルエットは、当時発売されていた930よりも、当時CTRが存在しなかった964に近いイメージがあります。 Ruf …続きを読む

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...