1964年のポルシェ911が、中国開催のクラシックラリーにおいて優勝

公開日:Posted in ポルシェのニュース, 輸入車ニュース by

ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は、先週末に終了したヒストリックモータースポーツ(主催:オートモータースポーツ社、モータークラシック・チャイナ社、開催地:中国・北京、上海)の第3回クラシックラリーにおいて優勝を飾りました。このクラシックカーラリーは、北京と上海を中心とした1,000km超のコースを2度の週末に渡って走行するイベントで、ポルシェでは、ポルシェミュージアムのカーコレクションから1964年の911 2.0と1998年の911カレラ(993)の2台が3回連続で出場しました。

s16_0510

500kmを超える第1区間では、ポルシェAGのファイナンスおよびIT担当取締役であるルッツ・メシュケとポルシェミュージアム館長のアヒム・ステヤスカルがポルシェドライバーズチームの代表を務めました。2日間にわたる走行区間は、北京の延慶区からスタートして曲がりくねった山岳地帯へと続きました。クラシックカーの輸入規制がある中国で、道路を走るオールドタイマーを見るのは非常に珍しく、35名の参加者は最初に停車した張家口市で中国の人々から熱烈な歓迎を受けました。

s16_0514

600kmを超える上海区間は、この日曜日にゴールして成功裏に終了ました。このステージは上海の中心街でスタートして、中国で最も広大な森林地帯のひとつである千島湖を通り抜けました。上海区間でヒストリック911を自ら運転したポルシェチャイナの社長兼CEOのフランツ・ユングは次のように述べました。「ポルシェミュージアムは、過去3年にわたって、中国市場の複数のイベントのためにクラシックコレクションの車を私達に披露してくれました。中国のマスメディアとお客様からの美しいクラシックカーに対する関心は非常に高くなっています。」

「ポルシェ911」に関する記事

大学生の頃からの憧れ「ポルシェ911ターボ」オーナー、岩岡秀明さんへインタビュー

最新のポルシェ911ターボに乗っている現役ドクターのインタビュー・・・。 お会いするまでは正直いって「怖い方だったらどうしよう・・・」と心配でした。何を隠そう、筆者が幼少期に入院した病院の先生がとても怖い方で、いまだにト …続きを読む

ジュネーブで衝撃デビュー!ルーフ CTR 2017は初代CTRとどこが違うのか?

ルーフ CTRが世界最速車として衝撃的なデビューを飾ってから30年。今年のジュネーブ・モーターショーではルーフ CTR 2017がデビューし、伝説的な“イエローバード” が現代に復活しました。クラシカルなスタイリングとリ …続きを読む

オーナーの特徴は、所有する自動車メーカーによって異なるか?

自動車メーカーごとに所有オーナーの特徴ってあるかも・・・。オフィシャル・プライベートを問わず、そんなことを感じたりることがしばしばあります。・・・ということは、筆者もその「何らかの特徴」があてはまるのだと思います。オーナ …続きを読む

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...