本当に5年後に実現?ボッシュのコンセプトカー「Bosch Show Car」が日本初公開

公開日:Posted in その他, 輸入車ニュース by

今年の1月に、ラスベガスのConsumer Electronics Show (CES)で初公開となったボッシュのコンセプトカー「Bosch Show Car」がボッシュジャパンの本社1階で展示され、本日2016年6月15日午前10:00から関係者に公開された。

13423846_1024823277624832_3193678028287625616_n

このコンセプトカーは、今から5年後の2021年を想定してつくられている。ナレーターによる説明及びボッシュ説明員による紹介により、2時間程度開催された。

13407243_1024823510958142_2553978301593672300_n

13466177_1024823287624831_6880677953141709670_n

まずクルマに乗り込み、指紋認証をおこない、本人確認をしたらエンジンスタート、いやスイッチオンだ。まずはコネクテビティという「自宅」や「オフィス」とクルマが繋がったものとなる。

13394179_1024823427624817_8449937996440942337_n

例えばクルマを運転中に、自宅に訪問者が来たとする。その訪問者は宅急便であると仮定し、クルマを運転中に対応が可能となる。クルマは自宅の訪問者に対応するために、運転者に「自動運転モード」への切り替えを促す。運転者が自動運転モードに切り替えると、ハンドルから手を離し、自宅に来た宅急便の訪問者と会話ができる。宅急便から荷物を受け取る時は、宅急便訪問者の指紋認証をおこない、安全確認をする。そして、自分の指紋認証もクルマのコンソールでおこなう。双方が間違えなく本人であると確認した後、宅配ボックスへ荷物を置いていってもらう。

13435555_1024823374291489_496824833987312362_n

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...