アウディTT限定モデル2車種を同時発売。エントリーモデルも発表

公開日:Posted in アウディのニュース, 輸入車ニュース by

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、3世代目へと進化したアウディのプレミアムコンパクトスポーツカーのエントリーグレードAudi TT Coupe 1.8 TFSIを発表。同時に2つの限定モデル、Audi TT Coupe 1.8 TFSI 1st edition(限定180台)およびAudi TTS Coupe urban sport limited(限定110台)を本日より全国の正規ディーラー(121店舗:現時点)を通じて発売しました。

TT 1.8_ATT_D_161010_160802

TT 1.8_ATT_141016_160804

エントリーモデルとして新規導入されたAudi TT Coupe 1.8 TFSIは、ターボチャージャー付1.8ℓ直列4気筒エンジンを搭載。トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、軽快かつ効率的でJC08モード燃費は16.6km/Lを実現します。このモデルの導入を記念した限定モデルAudi TT Coupe 1.8 TFSI 1st editionには、通常設定のないS lineエクステリアパッケージ(専用バンパー、ラジエターグリル、リヤディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴ)をはじめ、LEDヘッドライト、10スポークデザイン18インチアルミホイール、先進安全機能アシスタンスパッケージを特別装備しています。

アウディTT限定モデル2車種を同時発売。エントリーモデルも発表

「アウディ TT」に関する記事

ついにマツダ626もHナンバー!今年度Hナンバー対象車の欠陥テスト結果が発表 

製造30年以上のクルマが持つことができるドイツのHナンバー。毎年、その年30年を迎える対象モデルが発表されるのですが、対象すべてがすぐ申請できるわけではありません。国指定の車両検査で大きな欠陥がなく、良好な状態と判断され …続きを読む

ボーダーラインは年間10,000km!? 超極上車でも、過走行のクルマは敬遠されてしまうのか?

少しまでは日本における過走行は「1年あたり12,000km」が暗黙のボーダーラインといわれていたようです。しかし、これが少しずつ短くなっていって、ディーラー系の人に聞いてみたところ「1年あたり10,000km」との回答。 …続きを読む

ウソだといってよ、インポーターさん!左ハンドルが選べる輸入車モデルは絶滅危惧種であること

先日、所用である輸入車ディーラーにお邪魔したときです。スタッフの方との雑談の最中「ここ数年で右ハンドル登録が一気に加速した印象がありますね。モデルによっては数年以内に左ハンドルが注文できなくなるかもしれません」といわれて …続きを読む

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...