アウディ サスペンションを通じてエネルギー回生を可能にする未来のシステムとは?

公開日:Posted in アウディのニュース, 輸入車ニュース by

未来の自動車はサスペンションを含めて、エネルギーの回生がますます重要な役割を果たすようになります。アウディは従来の油圧式ダンパーの代わりに、エレクトロメカニカルロータリーダンパーを採用することで、乗り心地もさらに改善する eROTシステムのプロトタイプ製作に取り組んでいます。

アウディ サスペンションを通じてエネルギー回生を可能にする未来のシステムとは?

eROTの作動原理は簡単に説明することができます。「クルマが窪みや突起を超えたり、カーブを走ったりすると、そこに慣性エネルギーが発生します。従来はダンパーでエネルギーを吸収し、そのエネルギーは熱として失われてきました」、とAUDI AG技術開発担当取締役のDr.シュテファン クニウシュは説明しています。「48ボルトの電源システムとエレクトロメカニカルダンパーのシステムを組み合わせることで、我々はこのエネルギーを活用します。この技術により、サスペンションの特性を自由に制御する、まったく新しい技術の可能性も拓けることになります。」

eROTシステムは反応が速く、慣性も最小に抑えられます。このシステムはアクティブ制御するサスペンションとして、路面の凹凸やドライバーの運転スタイルに理想的に対応します。ソフトウェアによるほぼ自由に設定可能なダンパー特性で、システムとしての機能の幅が広がります。また、従来の油圧ダンパーでは難しかった、伸び側と縮み側のストロークを独立して設定することもでき、例えば伸び側の減衰力は硬めに設定しつつ、乗り心地への影響が大きい縮み側のストロークについては、よりソフトに設定することが可能になります。この新しいダンパーシステムのもうひとつの利点は、配置の自由度の高さです。リヤサスペンションに採用した場合、伸縮式ショックアブソーバーを垂直に配置する従来のシステムに対し、電気モーターを水平に配置することで、ラゲージコンパートメントの容量を増やすことができます。

「アウディ サスペンション」に関する記事

憧れのマシンに黒山の人だかり!DTM第2戦ラウジッツリンク観戦記

現在もドイツ国内で絶大な人気を誇るDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)。かつてコスト急騰から休止の憂き目にあいましたが、2000年に再開して以降、よりスポーツ性を高めるレギュレーションを取り入れて、非常にエキサイティン …続きを読む

ついにマツダ626もHナンバー!今年度Hナンバー対象車の欠陥テスト結果が発表 

製造30年以上のクルマが持つことができるドイツのHナンバー。毎年、その年30年を迎える対象モデルが発表されるのですが、対象すべてがすぐ申請できるわけではありません。国指定の車両検査で大きな欠陥がなく、良好な状態と判断され …続きを読む

タミヤRCカーは今年で40周年!度肝を抜く最新作を走行レポ&憧れの歴代RCカー10台を紹介

クルマを意のままにコントロールできるRCカーは、いくつになってもクルマ好きの心を捉えて離さない魅力があります。なかでも組立キットとして発売されているタミヤのRCカーは、昔から完成済みのトイRCとは別物のメカニズムと性能を …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...