新型メルセデスAMG C63 クーペ/C63S クーペを発表、注文受付を開始

公開日:Posted in メルセデスベンツのニュース, 輸入車ニュース by

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:上野金太郎、本社: 東京都港区)は、「新型メルセデスAMG C63 クーペ/C63S クーペ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より注文受付を開始した。なお、発売は本年8月頃を予定している。

Archivnummer: SSPIP52056

「メルセデスAMG C63 クーペ」は、ボディのドア、ルーフ、トランクを除くほぼ全てのパーツをC63 クーペ専用に開発し、メルセデスAMGが独自開発した最新技術により、クラストップの動力性能を備えたメルセデスV8トップパフォーマンスのリアルスポーツクーペとなる。

心臓部には、メルセデスAMG社が完全自社開発したスポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載される。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減している。

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとし、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現した。

「AMG クーペ」に関する記事

そばと銭湯とFM秋葉原。メトロパスでの都内行脚で旅行気分でお出かけ

東京メトロ千代田線の16000系ってジャガーの後姿に似てませんか?みんなに聞くとそんなこと言うのはあんただけだと一蹴されるのですが。 こんにちは。先日もちょっと打ち合わせで都内に出ることがあり、例の東京メトロパスを利用し …続きを読む

エンブレム以外は不要?ドイツで見かけるグレード不明なクルマたち

「羊の皮を被った狼」という表現に思わず反応してしまう方は多いのではないでしょうか。もともとは1964年に誕生したプリンス自動車工業のスカイライン2000GTに対して使われたのが最初、と言われています。後に、外観のイメージ …続きを読む

大学生の頃からの憧れ「ポルシェ911ターボ」オーナー、岩岡秀明さんへインタビュー

最新のポルシェ911ターボに乗っている現役ドクターのインタビュー・・・。 お会いするまでは正直いって「怖い方だったらどうしよう・・・」と心配でした。何を隠そう、筆者が幼少期に入院した病院の先生がとても怖い方で、いまだにト …続きを読む

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...