夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

最終更新日: 公開日:2015-04-20 | Posted in イベント, 編集部マガジン by

こんにちは。ライターの江上です。

今回は、イベントや雑誌でしか見たことがないようなスーパーカーたちが一堂に展示されている施設、「魔方陣スーパーカーミュージアム」さんの潜入レポートをお届けいたします。

施設内には、ランボルギーニ ミウラやカウンタック、フェラーリ ディーノや、BB、デイトナなど、スーパーカー世代にはたまらない車両が展示されています。トヨタ2000GTや、ハコスカGTRなどの日本車も展示されていますし、日本国内ではあまり見掛けることがない珍しい輸入車もありました。

魔方陣スーパーカーミュージアムは、東北自動車道栃木ICからクルマで10分ほど。黄色いカウンタックのサインと、昭和3年に建造にされ、ドイツ様式近代建築として長年地元の方に親しまれたという、栃木駅旧駅舎を移築(!!)した建物が目印です。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

駅舎のなかは、どこか懐かしさが感じられる空間となっていて癒されます。もちろん、自動改札なんてありません。改札にあたる部分が入場券売り場になっており、大人は800円(JAF会員は700円)を払ってなかに入ることができます。入場チケットも、昔懐かしい硬券の切符です。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

改札(入口)を抜けると、まず目に飛び込んでくるのがこの光景です。スーパーカー世代の方なら、この時点で絶句しているかも…(笑)。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

ランボルギーニ ミウラとカウンタックLP400という、夢の2トップが目の前に!
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

ブガッティEB110がさりげなく置かれています。その奥にあるのは…もう説明不要ですね(笑)。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

移動して別角度から。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

ミウラ越しに、夢のランボルギーニ3ショット!
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

ジャガーE-type越しにロータスヨーロッパとミウラのバックショット。E-typeの隣に停まっているのは、トヨタ2000GTです。
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

ジャガーといえば、こんなスペシャルモデルも展示されています。奥に見える黒い911は、なんとケーニッヒ!
夢のクルマが目の前に!魔方陣スーパーカーミュージアム潜入レポート

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...